三分間クッキング6回目~

74 :('A`):2008/09/02(火) 20:23:27 0
美希「美希と!
伊織「伊織の!
二人「三分間クッキング!

伊織「えー、何?今回は6回目?
美希「さすがに6回目ともなると、スタジオにもある種、独特のニオイが染みつくね。
伊織「なんかこう、『うぇ・・』ってくるニオイよね。所々に掃除しきれていない肉片や、どす黒いシミがこう・・
   このスタジオを使ったグラビアアイドルや歌手なんか、倒れる人が多いらしいわよ。
美希「噂によると、芸能人の間では「呪われた魔の第三スタジオ」って異名で有名だとかなんとか・・
伊織「バッカみたい。プロ意識が足りないのよ。さ、とっとと始めましょう。
美希「そうだね。今回は何を作るの?
伊織「今回のメニューはコレよ!
   『ケバブ』(でんっ!)
美希「けばぶぅ(↓↑→↓)?
伊織「その発音じゃ『ひでじい』じゃない。ケバブ(↑↓↓)よ。トルコの料理で、塊にした屑肉をグルグル回転しながら焼いて、削って食べるのよ。
TVとかで見たことない?
美希「あー、なんかわかるかも。あのでっかいやつだよね。
伊織「煮たり焼いたり、燻製にしたりヨーグルト乗っけてみたり。ソーセージみたいに、お国によってバリエーション豊富みたい。
美希「う~ん、でも食べたことないからわからないの。
伊織「よかったわね。今日食べさせてあげるわよ。さあ、屑肉。おいで!
雪歩「は、はい・・
美希「眼帯!かっわいい!!
雪歩「あぁ・・!さ、触らないでください!まだ痛いんですぅ!
伊織「うーん、顔に包帯。腕に包帯。腹には切り傷、足にも包帯。・・・なかなかサマになってるじゃない。
眼球摘出。腕切断。お腹切開。足の皮剥ぎ。今までの歴史が伺えるわね。
雪歩「い、伊織ちゃんは凄いサディストなんですね・・
伊織「サド?そんなチンケな言葉で私を図らないで頂戴。下らない若者造語になんて、興味無いのよ。
美希「でさ、今日はどーするの?屑肉をたくさん使うんだよね。どこから集めるの?
伊織「今日はね・・・
雪歩「あ、あの!・・・
伊織「何?
雪歩「最近酷いんです。その・・幻聴とか・・。ボーッとする時間も増えてきて・・。
   すこし、休ませて・・い、いえ、せめてお手柔らかに・・



75 :('A`):2008/09/02(火) 20:36:01 0
伊織「お手柔らかにやってるわよ。だからアンタ今も生きてるんじゃない。
本当なら、最初の一回目で、その細くて白い首根っこへし折ってやってもいいのよ?
代わりは沢山いるんだから。
雪歩「ひ~ん(涙)
伊織「泣いてもダメよ。さあ、とっととそこに座りなさいっての。
   ・・・拘束しようにも、片腕ないとどうにもスッキリしないわね。
美希「も~。だーかーらー、材料どーするのって。
伊織「わーってるわよ。屑肉とか、いちいち集めるのめんどくさいからね。一気に解決しましょう。
『パチンッ!』(指鳴らす)
美希「あ、神殺し。
伊織「別名『チェーンソウ』よ。
雪歩「ひぃい!な、なにをするんですか?それでいったい何をするんですか!?
美希「はいゆきぽ、今から輸血始めちゃうねー。
伊織「今日は、アンタの足を切り落としてやるわ。
雪歩「・・・・・・・!!
伊織「切断した足をこう、逆さまにしてグルグル・・。どう?想像すると、ケバブっぽくない?
美希「あー・・。ん、よくわからないけど、そうかも。
雪歩「し、死ぬ!今度こそ、死んじゃいますぅ!!
伊織「医療スタッフは揃ってるわ。安心しなさい。
美希「は~い。美希がやる~!
伊織「どうぞどうぞ。一気にやっちゃって。
『ブイィィィィン』(エンジン音)
雪歩「きゃああああああああああああああああああ!
美希「どっちいく?皮剥いだ方の足?
伊織「だめよ。それは勲章よ?キレイな方の足にしましょう。
雪歩「いや!いやあ!ひとごろし~!
伊織「しっかりしなさいよ!気ぃ抜くと、本当に死んじゃうわよッ!
美希「この振動!たまらない~!バッサリいくよー!!
雪歩「ああああああああああああああああああああ!
伊織「・・・・
美希「・・・・
雪歩「・・・・
伊織「・・・ぷっ。
伊織・美希「アッハハハハハハハ!
雪歩「・・・っ!?
美希「アハハハハ!



76 :('A`):2008/09/02(火) 20:48:34 0
伊織「アハ、アハハ!アンタ馬鹿ね。よく見なさい。チェーンソウの刃、それはシリコン製よ?
雪歩「・・・・ぁ!
伊織「上向いて、歯ぁ食い縛っちゃって。アハハ、お腹痛い!
思いっきり目閉じたって、アンタ片目ないじゃない!
美希「変に力入れるから、包帯に血が滲んできたよ!あはは!く、苦しいぃ~!
雪歩「・・はッ!・・はぁ!はぁ!はぁ!・・ッ!!
伊織「よっぽど怖かったのね。呼吸、しっかり整えなさい。
美希「あ~あ、しかもゆきぽ。お漏らししちゃってるよ。
伊織「ニヒヒ。だらしないわねえ。
雪歩「・・・・///!
う、ぅえ・・うぇ~ん(泣)
伊織「顔、真っ赤にして泣くんじゃないわよ。さあ、実はもう一本あったりするのよね。
『パチンッ!』
雪歩「ぐすっ・・ひぐぅ。
もう許してください~。
伊織「いい年こいて、お漏らしなんてした罰よ。
美希「さて問題。これは偽物でしょうか、それとも本物でしょうか?
雪歩「わ、わかりません!わかりません!!
伊織「やってみれば、わかるわよ。
美希「ペロッ(←舌舐めづり)
雪歩「許してくださぁい!お願いします!!
伊織「だぁ~め。
美希「いっくよ~
『ブシュウゥ!』
雪歩「きゃああああああああああああああ!!
美希「あ、本物。
雪歩「ああああっ!い、痛い――――――!!!!
   ダメぇ!!ダメですぅ!!
伊織「ビンゴぉ!身体抑えててあげるわ。暴れると、もっと酷いわよ!
雪歩「くぅうううう!だ、ダメぇーーーーーーーーーーーーーー!!
美希「でこちゃん、大問題~!
伊織「なによ。
美希「血、肉飛沫が凄くて、目に入るぅ~!
伊織「ゴーグル付けなさいよ!ストラップに着いてるでしょ!
雪歩「あああああああああああああああああ!!
伊織「うるさーい!
美希「あー、なるほど。これは快適。
雪歩「伊織ちゃん!死ぬ!死んじゃう~~~~~~~~~~っ!!
伊織「痛い!ちょっと、爪立てないでよ!痛いってば!
『ガリガリっ!』
雪歩「きゃああああああああ!
美希「ん・・?なんか引っかかるよ~?
伊織「飛沫に骨髄が混じってるわね。骨に突っ掛かってるんじゃない?
雪歩「ひ、ひと思いに!どうか、ひと思いに切り落としてくださいー!
伊織「うっさい!アンタが暴れるからいけないのよ。
美希「このチェーンソー、木材用じゃなく、草刈用のちゃっちいヤツだからねー。
   刃が錆びているのはどうして?
伊織「私の趣味よ。
雪歩「ひ、人殺し~!!
美希「♪か~み~ご~ろ~し~



77 :('A`):2008/09/02(火) 20:59:51 0
伊織「ああ、ったく。全身血まみれだわ。
美希「あ、今日はここまでなんだね。髪がカピカピー。
伊織「雪歩は?
美希「向こうで治療してるの。
伊織「まったく。ちゃんと食事してるのかしら?こんなサラサラの血じゃ、そのうち貧血起こすわよ?
美希「鉄分って、どんな食材に多く含まれてるの?
伊織「レバーとか、ホウレンソウとか・・?あと、牛肉なんかもいいらしいわ。
美希「女の子は鉄分いっぱい取らなきゃ、だもんね。
伊織「そうそう、毎月恒例の・・って、何言わすのよ!知らないわよ、そんなの!
美希「アハハ。
伊織「とっととシャワー浴びて帰るわよ!じゃあね、また来週!!





318 :('A`):2008/10/19(日) 23:59:26 0
美希「美希と!
伊織「伊織の!
二人「三分間クッキング!

伊織「♪ああ
美希「♪今
二人「♪私を動かすのは ダイヤモンド~

伊織「と、いうわけで、今回は第7回よ。
美希「ねえ、今更だけど、なんで?
伊織「なによ。
美希「オープニング。
伊織「第7回よ?7といえば、プリンセスプリンセスの7th。『ダイヤモンド』じゃない。
美希「なんと。強引だね~。ネタがなくなってきたんだね。
伊織「日本では後にも先にも、これ程の女性バンドって存在しないと思うの。
美希「あの時の衣裳って、どれもこれも可愛かったよね。
伊織「ちなみに、赤坂小町の7thは『パパとママのタンゴ』よ。興味があれば聞いてみるといいわ。
美希「プリプリの前のバンド名だね。ていうか、いよいよ歳がバレるよ?
伊織「いいモノって、何年経っても色褪せないものよ。
美希「ぜひ権利を取って、次回作では歌わせてほしいよね。
伊織「あ~ら、アンタには関係ないんじゃないかしら??
美希「ぶ~。
っていうか、ずいぶん久しぶりだよね?
伊織「作者が長期出張、フィリピンでニューハーフバー祭りしてきたんだって。
美希「仕事って大変だね。これを見てる社会人の人も、お疲れ様。
伊織「そんなことよりココがまだ健在していたことに驚きを隠せないわ。
美希「コアな変態さんが多いんだね。
伊織「ステキな国だわね。じゃあ、さっそく続きおば・・。

美希「♪か~み~ご~ろ~し~
雪歩「きゃああああああ!
・・・・・・
美希「ん~、終了!お疲れ様~
伊織「まさに地獄絵図ね・・。
さあ、止血したげるわ。・・っていっても、切断面が広いわね。
美希「太腿から一気にやったからねー。あれ?ゆきぽ、どうしたの?
伊織「失神してるわ。面倒だから、焼きゴテで焼いちゃおうかしら?
美希「拷問の定番だよね。今更そんなことするの?
伊織「血管さえ塞がれば、なんだっていいわ。アロンアルファでも塗ったくってやろうかしら?ついでにマネキンの足でも移植しようか。アハハ
美希「接着剤あのニオイ好きじゃないから、コテ使おう。
(コテ使用)
伊織「・・・・
美希「・・・・っ!
雪歩「・・あっつーい!!
二人「くっさーい!!
伊織「これはたまらないわッ!
美希「うえぇ!
雪歩「熱い!熱い~!な、何をしているんですかぁ!?



319 :('A`):2008/10/20(月) 00:01:41 0
伊織「ちょ、ちょうどいいわ!アンタ、自分でやりなさい!
雪歩「え、えええ!?
美希「止血だよ~。うえぇ!美希パスっ!逃げるぅ~
伊織「わ、私も無理だわ。離れた所にいるから、自分でしっかり止血しなさい!
雪歩「じ、自分で!?これを自分でやるんですか!?
伊織「しっかりやらないと死ぬわよ!じゃ、じゃあね!!
雪歩「・・・そんな・・・・
   うぅ・・ぐすっ・・・・。

(スタジオ奥)
美希「おえ~。
・・・久しぶりに吐いた~。
伊織「まったくだわ。人を焼いたニオイが、あんなに臭いとは思わなかったわよ。
美希「む、胸焼けする~
伊織「・・・・むぅ。
美希「・・・どうしたの?
伊織「こうして見ると、すごく卑猥な胸ね・・・

雪歩「・・・・っ!あ、熱いっ・・・!!うぅ・・・熱いよ~
   ・・・・ぐすん・・・
   ぐうぅ~~~~っ!
・・ぁぅ!
   ・・・ッ!

   ・・・ハア!ハア!
   お、終わったよ・・・。
美希「お、終わった?スタッフさん、換気扇、全開~!
伊織「ふう、死ぬかと思ったわ。って、コラ!カメラマン!吐くんじゃないわよ!
・・・悪かったわね、止血させちゃって。
雪歩「うっ・・うぅ・・
美希「うわぁ、顔色がやばいよ~。医者に診てもらおう??
伊織「ついでに安定剤でもブチ込んでもらいましょう。その他もろもろ。
すごいわ、世間のメンヘラ(笑)も真っ青な薬漬け状態よ。
美希「あーゆー人たちって、なんでか知らないけど自分の薬の量を自慢したがるよね。
伊織「必要ないのにね。馬鹿みたい。自分が小麦粉飲んでるって知ったら、どんな顔するのかしら。
美希「で、でこちゃん、それは・・!
伊織「その点、アンタの場合は本当に必要なものだから、遠慮なく飲むといいわ。
雪歩「い、伊織ちゃん・・わた・・わたし・・・
伊織「何?どうしたの?
雪歩「もう・・自分の足で歩くこともできないんですね・・・
伊織「うーん、そうね。松葉杖でもつかう?車椅子のほうがいいかしら?
雪歩「・・・・ッ!ぅえ・・・ッ!ぐすっ・・・!!
伊織「声を殺して泣くことないじゃない。大声で泣いたっていいんだから、そうしなさいよ。
雪歩「うえ~~~~~~ん!!
伊織「ちょ、ちょっと、なによ!・・・もう。
美希「わぁ、ゆきぽ、何か絵になるね。妙に色っぽいよ!
でこちゃんの胸は、泣きやすいんだよ。きっと。ぺったんこだから。
伊織「し、失礼ね!そう見えるだけよ!公式見てみなさいよね!!
美希「?
伊織「あんたも、いつまで泣いてんのよ!
雪歩「ひ~~~~~ん!グスッ!うぇ~~~~~ん!!



320 :('A`):2008/10/20(月) 00:05:00 0
伊織「・・・ったく。
美希「なに赤くなってんのさ?
伊織「うるさい!
美希「?まあ、美希はさっさと料理を進めるの。
   ・・・・。
伊織「・・・・。
美希「・・・これ、やっぱり焼くの?
伊織「・・・う~ん。
雪歩「ぐすん・・・。私の、足・・・。
伊織「・・・こ、今回は止めにしましょう。
美希「賛成!!
雪歩「そ、そんなぁ!
伊織「これすっごくくっさいのよ!アンタだってわかるでしょ?
美希「それにほら。これをグルグル回したって、けばぶう(↓↑→↓)には程遠いよ。ゆきぽ、足ほっそいねー。
雪歩「ああ、カクカク遊ばないでください!
こ、ここまでやったんですから、ちゃんと完成させてくださいよぉ~
伊織「ええい!やかましい!わーったわよ!焼けばいいんでしょ!焼けば!
美希「ちょ、マジ!?
伊織「マジよ!アンタも!いい加減うっとおしいわね!いつまで縋ってんのよ!
雪歩「きゃん!
伊織「貸しなさい!
美希「た、退避用意~
伊織「・・・
美希「・・・
雪歩「・・・
三人「くっさーーーーーーい!!!
伊織「だ、ダメっ!やっぱ無理!
美希「うっぇえ!は、吐くぅ!
雪歩「あっ!待って!待ってください~!私一人じゃ歩けないんですぅ!!


雪歩「く、くさ~い! 




707 :('A`):2008/12/11(木) 02:08:39 0
美希「美希と!
伊織「伊織の!
二人「三分間クッキング!

伊織「・・・ふ~ん。これ、どこの皮膚を移植したの?
雪歩「せ、背中のを少々・・。痛ッつ!あ、あまり触らないでください。
美希「へぇ、背中の皮膚なんか使えるんだね。まさに人体の神秘だよねー。
伊織「なんでも、爪やらの細胞から皮膚を作る研究をしているとか。逆に、皮膚の細胞から肝臓なんかを作っちゃったりできるようになるらしいわよ。
・・・将来的には、拷問の幅がエライことになるわね!
雪歩「皮膚が無くなっちゃいます!もう衣装で隠せる、ギリギリのところなんです。
伊織「あー、水着とか、完全にNGね。ケロイドなんて晒したら、永久追放よ。
美希「肢体欠損包帯っ子として、新たなジャンルを開発しようね。
雪歩「萌え~とか言われるんでしょうか?
伊織「さあ?そんなことより生命の心配をしなさいよ。
美希「でもさでもさ、きっとイメルジュ・・・・!!
   でこちゃん、ヤバい!カメラ回ってる!
伊織「うそっ!大変!!
ほら、アンタは引っ込んでなさい!!
『ゲシッ!』(←足蹴り)
雪歩「きゃあ!
伊織「・・・え~、ゲフン。
   生産者のみなさん、こんにちは。
美希「コンニチハー。
伊織「え~、なになに・・。今回で八回目ね?
美希「そうだっけ?なんかもうわけわかんないや。
伊織「年の瀬ね。会社勤めの人はどうだか知らないけど、個人業や文化業の人はこの時期はてんてこ舞いよ。猫の手もなんちゃらってヤツ?
美希「そんなあなたにお勧めの、今回の目玉商品はこちら!
『雪歩の左手』129、800~。書類の整理やコピー、お茶くみ、タイピングまでこなす優れモノ!もちろん孫の手としてもお使いいただけます!更に、今ならなんと、防腐剤と臭い消しスプレー付き!
伊織「番組が違う!
美希「ま、冗談は置いといてさ。サラリーマンの仕事終わりっていつ頃なんだろう?
伊織「さあ?作者は今まさに「糞忙しい時期」に突入しているわ。まったく、新年って迎えるほうが忙しくて、好きじゃないわ。



708 :('A`):2008/12/11(木) 02:10:44 0
美希「まあ、言っても仕方ないよね。みなさんも体に気をつけて!
伊織「さあ、今回もやるわよ。雪歩、おいで。
雪歩「あ、待ってください・・今、・・・あっ!
『ズベッ!』
美希「ああ、使い慣れない松葉杖なんか使うから・・。大丈夫?
雪歩「うぅ、すいません・・
伊織「片足ないんだもの。気をつけなきゃね。
雪歩「あ、あの・・今回はいったいなにを・・?
伊織「う~ん、こうして改めて見てみると・・。アンタ今にも死にそうね。というか、生きているのが不思議だわ。
美希「ほんと。毎日いっぱい薬飲んで、点滴しながら生き長らえてるんでしょ?
雪歩「うぅ・・普通の生活・・したかったですよぅ・・。
伊織「見た目もサイアク。そんなんじゃ死体になっても誰も相手にしてくれないわよね。
美希「やっぱりネクロフィリアは綺麗なモノを望むのかな?
伊織「知らないわよ。私は死体には興味ないもの。
美希・雪歩「え!?
伊織「な、なによう!
美希「いや、てっきりそっち系が三度の飯より好きなんだとばかり・・
雪歩「わたしも・・。虐待・殺人、死体の扱いまで十八番なんだとばかり・・。
伊織「馬鹿言ってんじゃないわ。私をそんな変態と一緒にしないでくれる?
私が興味あるのは『食人』。カニバルよ。ネクロフィリアや虐待スナッフなんて関係ないのよ。
雪歩「ひえ~
伊織「あら、興味ないの?
雪歩「だって、私が『食べられる側』じゃないですか!
伊織「古来より、人間って食人の気があるのよ。共食いってさ、何もそのへんの動物だけの行動じゃないのよね。・・・フフフ。
雪歩「こ、怖い!目が据わってますよ!
伊織「それにこの番組は元々、カニバリズムの追及を旨とした企画でしょう?カニバってなんぼよ。
美希「そうだっけー?その割には、今まで一度も食事にありつけていないような。
伊織「うっさいわね!
ま、でもさ、流石に直接的な解体は、アンタの体力的に辛くなってきたわね。
美希「血飛沫NG?
雪歩「ほ、本当ですか!?じゃあ・・・
伊織「なに興奮してんのよ。肉体の代わりに、今回は内臓に負担してもらいましょう。



709 :('A`):2008/12/11(木) 02:12:37 0
美希「残念だったね~。
雪歩「そんなぁ・・うぅ。・・えぐっ・・。
伊織「ところで雪歩。アンタ、ちゃんと腸内洗浄してきたでしょうね?
雪歩「はい・・言われた通り・・。
美希「腸内洗浄?今日はそっち系なの??
伊織「どっちに勘違いしているのかしらないけど・・。多分ハズレよ。
今回は『ホルモン焼き』をやるわ。
美希「焼き肉の定番。そしてお父さま方のビールのお供だね。
雪歩「ホルモン・・!ま、またお腹を開くんですか?
伊織「そんなことしないわ。今回は敢えて、流血を抑える趣向なの。猟奇的なことは、今回は抑えてあげるわよ。
雪歩「猟奇的・・・。そのセリフに違和感ないのが凄いです・・。
美希「だよね。どっかの映画も見習ってほしかったよね。
伊織「『猟奇的な○○』だかなんだか?どっかの国がそんな映画作ったみたいだけど。期待して見て、まんまと騙されたわ。
   向こうはイマイチ言葉をよく理解していないみたいね。あんなのただの暴力女じゃない。
美希「でこちゃんはもっとこう、ぐっちゃぐちゃの嗚咽映画を期待していたんだね?
伊織「ま、今更どーだっていいわ。今回は、刃物の代わりにこれを使うわ。
『パチンッ』(←指を鳴らす)
美希「バット・・?木製のバットだね?
雪歩「ひゃあ!な、殴らないでください!
伊織「馬鹿ね、殴ったりしないわよ。
雪歩「?じゃ、じゃあ、そのバットを・・いったいどう使うんですか?
伊織「アンタのケツに突っ込んでやるわ。
雪歩「えええええええええええええええええ!?
伊織「摩擦の強いモノを肛門から直接挿入して、直腸を引きずり出すのよ。
美希「ふんふん・・。『昔、医療技術が発達していなかった時代はこの方法が使われていたらしい』だってよ?(←台本)
雪歩「む、無理です!無理ですよぅ!!
伊織「大丈夫、できるわよ。人間の肛門って、限界まで開くとどれだけ拡張するのか知ってるの?こんなバットくらい、平気よ、へーき。
雪歩「だ、だってわたし・・!
伊織「ほら、いいから早く四つん這いになりなさい!
雪歩「きゃん!
『ズベッ』



710 :('A`):2008/12/11(木) 02:15:53 0
美希「あー、四つん這いは難しいよ。片手片足ないんだよ?バランスとれないよ。
伊織「仕方ないわね・・。ちょっと!そこら辺の倉庫にマネキンあったでしょ?あれ、持ってきて!

伊織「ほら、これに縋り付いてなさい。片手でも、これなら平気でしょ?
雪歩「うぅ・・
美希「ははは、このマネキンの間抜け面、笑える。・・?でこちゃん、どうしたの?うずうずしてるよ?
伊織「な、・・なんかこう、興奮するわね。身体中に包帯を巻いて、その至る個所を欠損している少女が・・マネキンに縋って四つん這い・・。
   し、シュールだわ。
美希「しらないよ~
雪歩「そんなこと、言わないでください~
美希「じゃ、しつれいしま~す。
雪歩「あ!なにを・・!?
美希「スカートめくって、パンツ下ろさなきゃ。まかせて。この手のセッティングは得意なの。
雪歩「いやーん
伊織「その、膝の所でパンツをクルクルっと・・・。って辺り、ポイント掴んでいていいわ。
美希「んん、可愛いよ、ゆきぽ。
雪歩「は、恥ずかしい・・!!
伊織「ニヒヒ。顔赤くしちゃってまぁ。さあ、捻じ込んでやるわよ~!
美希「カメラさん、アングル注意してね。
雪歩「あ!あの!
伊織「なによ。
雪歩「わ、わたし!そのっ!けっ、経験!ないんですっ!!だから・・・!
伊織「当然じゃない。わかってるわよ、そんなこと。「既に経験済みです~」なんて抜かしやがったら、簀巻きにして東京湾に沈めてやるわ。
雪歩「ひぃ~ん(涙)
伊織「あら、可愛い穴じゃない。ほら、行くわよ。力抜きなさい。
雪歩「あ・・・・ん!



430 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/17(金) 01:08:11 0
美希「美希と!
伊織「伊織の!
二人「三分間クッキング!

伊織「生産者の諸君、ごきげんよう。
美希「どーもお久しぶりです。食人文化を後世に伝えるこの番組、今回は9回目の放送です。 
伊織「なんか最近すごいわね。ニュータイトル・新キャラ出まくりでもうわけわかんないわ。ユーザー置いてけぼりで、むこうばかり勝手に盛り上がって湯水の如く商品展開するのは勘弁してほしいわ。
美希「付いていけないのは年取った証拠だよー。
伊織「なによ。少子化のこの世の中、アダルトなユーザーを大切にしないでどうするの。
美希「大丈夫。ゆとりを甘く見ないで。すぐにベビーブームが到来するから。私たちの与り知らぬところで、みんなやることやってるわけだから、平気平気。
♪避妊と愛は庭違い~ 勝手に増えるよ子供たち~
♪堕胎と愛も庭違い~ 帳尻合わせの13万~
・・・って、だめじゃん。
伊織「…なんか鬱になってきたわ。
美希「ってか、すごい!凄いよ!でこちゃん!
伊織「なぁに?いきなりテンション高いわね。
美希「まとめサイトがオープンしたんだよ!誰かが作ってくれたんだよ!
伊織「へえ、変態共の巣窟が出来上がったわけね。
美希「で、でね、なんとこの番組も収録されてたんだよ!マジだよ!
伊織「!
   ホントに!?じゃあ“前回のあらすじ”とかやらなくてもいいワケ!?
美希「そ~だよぉ~!でこちゃん、やったよぅ!!(涙)
伊織「なんてこと。なまじ間が開いただけに、あらすじやらないとだれも理解できないんじゃないかと思っていたけど・・・
美希「手間が省けたね~。これで気兼ね無く休載できるねぇ~(涙)
伊織「おー、よしよし。
   大丈夫。大丈夫よ。休載だのなんだの、視聴者はほとんど誰も気にしていないわ。
美希「ってか、リアルタイムで第一回から見てる人なんかいない、ってさっき裏でスタッフが言ってた。
伊織「ははは、こやつめ。
美希「ま、ボチボチ始めようよ。
伊織「そうね。まとめを作ってくれた人、御苦労さま。



431 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/17(金) 01:09:08 0

伊織「あら、可愛い穴じゃない。ほら、行くわよ。力抜きなさい。
雪歩「あっ・・・・んん・・・・っ
伊織「よっ!
雪歩「い、
伊織「え?
雪歩「いったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!
美希「うひゃー!声でっかいよー!
伊織「こらぁ、力抜きなさい!入るのもの入らないじゃない!
雪歩「割ける!割けちゃいますぅ!
   アッ―――――――――――――――――――――!
伊織「ぐりぐり・・
   む、無理やりにでも捻じ込んでやるわ・・!こらぁ!暴れるなー!
雪歩「やー!だめ、だめですー!
美希「でこちゃん貸して!美希がやる!
   それっ!
雪歩「きゃあああ!美希ちゃんッ!皮膚ッ!!ヒフ巻き込んでますっ!
美希「あ、血が出てきちゃった。
伊織「しっかりしなさいよ!キツイのは入口だけで、後は楽だって話よ!?
雪歩「せ、せめて何かで濡らしてください!
伊織「摩擦が無くなっちゃ意味無いじゃない!ほら、もっとケツ上げなさい!
『パシン』
雪歩「いたっ。叩かないでください~!
伊織「手がダメなら足よ!踏みつけてやるわ!
雪歩「痛い!痛いです!
伊織「ホーッホホホホ!なんかこれはしっくりくるわね。ほら、ホラァ!
雪歩「く、くるしいー!
美希「ゆきぽ、尺取り虫みたいな格好になってるよ?
伊織「ホーッホッホッホ!!!

─しばらくおまちください─

雪歩「ひぃ、ひぃ・・
伊織「はぁ、はぁ・・
美希「ぜぃ、ぜぃ・・
伊織「ぬうぅ、これは少し厳しいわね。




432 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/17(金) 01:10:21 0
美希「もう疲れた~。結局10㎝くらいしか入ってないんじゃない?
伊織「雪歩が逃げるからややこしくなるのよ。
雪歩「そんなこと言ったって・・痛~(涙)・・も、もう許してください・・
伊織「許さないわ。
仕方ないわね・・・後は自分でやってもらいましょう。
美希「え?
伊織「ほら、立ちなさいよ。
雪歩「た、立てません!!
伊織「マネキンに掴まってバランスとりなさい!楽な姿勢でいいから、こう・・
雪歩「うぅ・・
美希「・・・!ああ、なるほど!!
伊織「さあ雪歩、そのまま腰を落とすのよ。
雪歩「?
伊織「自分でやってもらおうっての。わかるでしょ?
雪歩「お、鬼ィ!
『パァン!』(←ビンタ)
伊織「はあ?なんだって?
雪歩「うぅ・・・。
美希「でこちゃん、顔は止めようよ。
伊織「アンタが逃げるからでしょう?ほら、とっととやりなさい。やらないと、工事現場のアレ(ガガガガッてやつ)で無理矢理押し込むわよ。
雪歩「ひいっ!や、やります!やりますから!
美希「その前に、涙と鼻水拭いたげるよー。
さあ、がんばれー!
雪歩「っつぅ~~~~~!
伊織「・・・雪歩って、エッチよね。
美希「なんで?
伊織「仕草がいちいちエッチなのよ。
雪歩「ん・・っ・・!・・・ぐすっ(鼻水)
美希「うーん・・どうかな。本人は意識してないんじゃないの?
伊織「狙ってやってたら、それはそれで凄いことよ。
雪歩「はぁ、はぁ・・
・・・っぅ・・・!
美希「あまり歯を食い縛ると、砕けちゃうよ?
伊織「この画を逆再生したら面白そうね。
雪歩「・・・・っぁ!



433 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/17(金) 01:11:43 0
『ぷちっ』
美希「ぉえ?
雪歩「いっっったあーい!
美希「今、何か音がしたよ?
伊織「摩擦で、中で腸が裂けたのかな?バット引っこ抜いたら噴水みたいに出血するわよ。
雪歩「もうこの辺で許してください!
伊織「だめよ。
雪歩「ひぐっ・・!

─しばらくおまちください─

伊織「うん、この辺でいいわ。勘弁してあげる。
雪歩「くうぅ・・!
伊織「水持ってきて。雪歩にうがいさせなさい。
美希「強く歯ぁ食い縛ったりするから、歯茎やらなんやら出血が凄まじいことになってるね。
伊織「鼻血が出てるのはなんでかしら。
美希「血圧上がって血管が切れたんじゃないかな?
雪歩「は、早く・・・抜いてぇ・・・!
伊織「ニヒヒ。素敵なセリフね。言われなくても引っこ抜いてやるわよ。アンタの腸と一緒にね。
雪歩「く、苦しいんです・・・ぅ・・・
美希「ほらほら、四つん這いになって!
あ、マネキンがないと無理か。・・・はい。
雪歩「あ、すいません・・・
伊織「あは、尻尾みたい。
美希「肛門ビッチビチだよ!?これすっごいよ!?
伊織「ま、多少の出血はあるけど、この位なら大丈夫でしょう。さあ、いくわよ!
美希「ゆっくりだよ!
『・・・・』
雪歩「あ・・はぁ・・んっ
伊織「あら?あらあら?
   あんた今、変な声出さなかった?
雪歩「だ、出してません!
伊織「ふふん、まあいいわ。それよりほら、見なさいよ。直腸が捲れてきたわ
美希「うぇ!気持ち悪うっ




434 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/17(金) 01:12:55 0
伊織「保健体育のビデオで見た、女性用の避妊具ってこんなカンジだったわね。
美希「最近はね、教材もDVDらしいよ。
伊織「で、DVD!?ビデオとかOHPとか使わないの!?
美希「OHP?何それ?
雪歩「い、いいですから・・早く・・お、お願いしますぅ!
伊織「くっ、うっさいわね!ここまでくれば素手でもイケるわよ。するする~って。
美希「ズル?けじゃん!
伊織「・・・その表現はどうかと思うの。
   いっくわよー!そぉれぃ!!
『ズルリ!』
雪歩「ぎゃあああああああ!
伊織「芋蔓式ってねー!あっはははは!
美希「し、止血止血―!
伊織「馬鹿ね、これはもう輸血レベルよ。
雪歩「痛い痛いいいいぃ!
伊織「ちょっと!その格好で転げ回ると血が撒き散らされてえらい迷惑よ。
陸の上の魚みたいよ。不様なことこの上ないわね。
雪歩「ひ、人でなしー!
伊織「なぁんですって!
美希「はいはい鎮静剤~
『ブシッ』
雪歩「くぁっ!!・・・
・・・・・・
・・・
・・

雪歩「う・・ううん・・
美希「あ、目が覚めた?
雪歩「私、まだ生きて・・・
伊織「昏睡状態が12時間続いたわ。12時間よ12時間。
アンタ、どれだけ輸血しても血圧が低いから苦労するわ。心筋弱ってきてるんじゃない?
雪歩「うっ・・うぅぅ・・・
伊織「泣くんじゃないわよ。
美希「それよりほら、見て見て。これがゆきぽの直腸だよ!
雪歩「ええ!?なんですかこれ!




435 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/17(金) 01:14:03 0
伊織「アンタが昏睡している間に下拵えもしておいたわ。某有名焼き肉店のホルモン仕込みよ!
雪歩「こうして見ると、普通にホルモンですね。
・・・な、なんかおいしそうですね!
美希「でしょう!?今回はついにお食事にありつけるってわけ!
伊織「カニバリズム万歳―――!
美希「炭としちりんも用意したよ!醤油タレ・味噌タレ、何でもござれ!ビールもってこーい!
伊織「人肉ホルモン万歳―――!
美希「ね、ね。さっそく食べよう!
伊織「やらいでかっ!
『ジュウウ!』
美希「香ばしい香り!
伊織「うんうん、上出来よ。どれ・・・・はむ。
美希「はむ。むぐむぐ。
雪歩「・・・ど、どうなんですか?私の直腸・・・
伊織「・・・美味しい。
美希「んまーい!
雪歩「ええ!?
伊織「いや、意外や意外!普通のホルモンと変わらないわ。美味しいわよ、これ。
美希「ちょっと歯応えがないくらいかな。んん、おいしいよー!イケるイケる!
   ゆきぽも食べなよ!
雪歩「ぅえ?でも・・・私の、ですし・・・
伊織「何言ってるの!自分で自分の一部を食べる機会なんか滅多にないわよ!
美希「うまー!
雪歩「・・・じ、じゃあ、一口だけ・・
伊織「ニヒヒ、この私自ら「あーん」してあげるわ。ホラ、あーん・・。
雪歩「・・・あーん。
   むぐむぐ。
伊織「いかが?
美希・雪歩「うまー!
雪歩「けっこうイケますね!私ってばすごい!
美希「うまー!これマジうんまー!
伊織「アンタはさっきからうっさいのよ!
雪歩「ニンニク欲しくなりますね。
伊織「私は梅タレとカボスがほしいわ。




436 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/17(金) 01:21:15 0
美希「ご飯がほしいー!


伊織「でもさ。
美希「(ムグムグ)何?
伊織「・・・地味な画ね。





☆おまけ☆
伊織「うーむ。
美希「どうしたの?
伊織「いや、本当においしかったわね。
美希「直腸?そうだね。美希は大満足だよ。
伊織「こりゃマジで商売の匂いがするわ。
美希「Pに掛け合って、ウチのアイドルグループの腸バラ売りする?
伊織「ネットで売れば・・・うーん・・・本気で検討してみようかしら。
美希「でも、それなら普通に豚の腸売ってもわからないよね。どうせ人の腸の味を知ってる人なんていないんだし。ぼろ儲けできるね。
伊織「・・・その発想は無かったわ!!
雪歩「こ、この人たち・・・

  • 最終更新:2009-07-17 23:59:41

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード