4スレ目その1

68 :('A`) :2009/06/05(金) 23:53:28 0
アイマスキャラ食用ウンチ先物取引市況 改訂版

春香    -円/100g    千早に独占供給されており、入手不可能。
千早    -円/100g    春香に独占供給されており、入手不可能。
雪歩   5900円/100g  至高の逸品。じわじわと値上がり傾向にあるので、試したい方はお早めに。
やよい  12円/100g   菜食中心のため繊維質多く舌ざわりが悪い。初心者向け。
律子   5円/100g     クセが強いため人気がなく値下がり傾向にあったが現在底値。
伊織   122円/100g   フルーツを好む食生活のため、さわやかな風味が特徴の人気種。
真    51円/100g    発酵度が低く匂い少な目だが、水分少なく食べにくい。小便とのブレンドが吉。
あずさ  48円/100g    繊維分が少なくなめらか。味は普通だが発酵臭が強い。
                食便用途より塗便用途に人気あり。供給量が多く、割安感あり。
亜美真美 689円/100g  まれに甘みが感じられる珍品。真美産が数十円高い。
美希   1169円/100g  腸内細菌のバランスが常人と異なっており、腐敗臭が少ない逸品。人気上昇中。
                覚醒すると+100円、961プロ在籍中は体調悪いため-200円。
小鳥    0円/100g    生ゴミ扱い。
貴音   96円/100g   宇宙人なので実は食べたものを消化していない。
                食用ウンチとしては価値がないが、食料として価値がある。
響    11円/100g    沖縄名産物を原料とする。
                完全に消化されきっており、ウンチとしての風味に欠けるため人気がない。
愛    1220円/100g  期待の新星。程よくまろやかに発酵した健康便。
                 育ち盛りの食欲を反映して流通量が多く、質の割りに安価。
絵理    0円/100g   便秘がひどく、腸内で腐敗が進んでいる。
                毒性が強く産業廃棄物扱い。食べてはいけない。
涼     0円/100g   実は男の娘なので、ウンチは無価値。

ウンチは出したその場で食べるのが基本なので、在庫が取引されることはなく、常に将来のウンチ獲得権をめぐる先物取引となっております。




80 :('A`) :2009/06/07(日) 01:11:00 0
四人で仲良くお鍋を食べるはるるんちーちゃんミキミキあずささん、今日も楽しそうだね
そこに金属バットを持った全裸の俺登場、カギが開いてたよ^^
一瞬何が何だか分からず沈黙する四人、状況を理解すると悲鳴をあげて逃げようとした
はるるん捕まーえた^^ほかの三人には目もくれずはるるんゲットv^^v
凄いおびえた顔してプルプル震えて口がパクパクしてる怖くて悲鳴も出ないんだね、はるるんかわいい
そんなかわいいはるるんにはバット百叩きの刑だ、エイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイ^^
顔の原形とどめてないはるるんかわゆす、奥ではあずささんが泣きながら何か叫んでる、うるせー^^;ぶひぶひ
ドンッ!!誰かに後ろから体当たりされて飛ばされる全裸の俺、この柔らかさはちーちゃんじゃないミキミキだね
目に涙浮かべながらも怒った顔で俺に立ち向かうミキミキ、膝が笑ってるよ
何で邪魔するの?ミキミキ?一心不乱にバットを振り回す俺、見事ミキミキの頭にヒットv^^v
ミキミキには興味無いんだごめんね、うわっミキミキ血が出てる、きたねー^^;向こう行けドンッ!!1
さあおんなのこパズルの時間だよはるるん・・・
あれ?ノコギリ忘れちゃったよ^^;ごめんはるるん><
代わりにバットで・・・エイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイエイ・・




98 :ちはゆきラジオ :2009/06/08(月) 19:49:09 0
千早「千早と!」
雪歩「雪歩の!」
千早雪歩「ラジオ・インフェルノ~!」
雪歩「みなさんこんにちは~!」
千早「今回も生放送でお送りします、ラジオインフェルノです。」

ここは某TV局の小スタジオだ。なぜTV局でラジオの収録をしているかというと、事情があってラジオ用スタジオが取れなかったのだ。
まあ、TV局ならラジオ放送に耐えうる機材は揃ってるので、こちらを使わせてもらった次第だ。
バラエティ番組用のセットが組まれたままのスタジオに会議室から持ってきた机とパイプ椅子を置き、音響機材はTV収録用で、マイクはTV収録用の無線ピンマイクを使っている。
ラジオ局から来たスタッフさん達は、最初戸惑っていたものの、すぐにTV局の機材に慣れて放送にこぎつけてくれたのだった。

雪歩「そういえば昨日、千早ちゃんがあの有名なオーディション番組『Vocal Master』に出て、見事合格したんですよ!」
千早「みなさんの応援で無事合格できました。放送は明日の夜なので、みなさんぜひ見てくださいね。」
雪歩「千早ちゃんすごいですぅ!それに引き換え、私は最近テレビ出演はすっかりご無沙汰ですぅ」
千早「ふふ・・・萩原さんも先週、水瀬さんの通販番組に出たんじゃなかったかしら?」
雪歩「え、ええ・・・TVショッピングの番組で、モニター役やったんですけど、楽しかったですよ・・・」
表情がこわばる雪歩。話の流れ上、ほかにネタがなかったとはいえ、『TVショッピングの番組』で伊織に浣腸されてウンチを漏らす姿をTV放送されてしまった生き恥体験は触れてほしくなかったのだった。

雪歩「え、えと、それではリスナーのみなさんからのお手紙を紹介しますね・・・」
気を取り直して放送を続ける雪歩。
しかしその時、雪歩の体の一部に異変が生じていた。

ぐる・・・コロロ・・・グロロロ・・・
雪歩の左下腹、S字結腸と直腸が不気味に蠕動を強め始めた。雪歩の意思に反して雪歩の腹の中で暴れ始める大蛇。
雪歩「(ん・・・お腹、痛い・・・どうしよう)」
にこやかにリスナーのお便りを読み上げながら、雪歩は脂汗を流していた。

千早「さて、ここで一旦お知らせを挟んで、わたしたちの曲を紹介させていただきます。
   萩原さんの新曲「Kosmos,Cosmos」と、私の新曲「目が逢う瞬間」です。」
CMに入った。
雪歩「あ、あの千早ちゃん、ちょっとトイレに行ってきます。いそいで戻るから!」
千早「え?ええと、曲が終わるまで8分しかないわ。とりあえず私がつなぐけど、急いでね!」
スタジオから駆け出す雪歩。
しかし雪歩には勝算があった。スタジオのすぐ裏にトイレがあるのだ。


99 :ちはゆきラジオ :2009/06/08(月) 19:50:01 0
この時、TV局機材に不慣れなラジオ局スタッフの手違いで、マイク音声がONのままになっていたのだった。
スタジオのすぐ裏のトイレ内は、もちろんピンマイクの無線が届く範囲内にある。
そして、雪歩は無線ピンマイクを付けたままトイレに入ったのだった。

バタン!
雪歩「はぁ、はぁ・・・急がなきゃ・・・」
バサバサッ、カサカサ・・・
個室に駆け込み、和式便器にまたがってパンツをおろし、しゃがむ雪歩。

雪歩「ん・・・!」
グモモ・・・ムチチ、ブスゥ!
軽くいきんで固く締まった便塊をひり出す雪歩。ウンチが固かったのは最初だけで、そのあとはビチビチになった。
ブビビビッブリュビチッ!ボフッビヂヂイ!

雪歩「んうう・・・お腹痛い・・・お昼に食べたお刺身があたったかなあ・・・」
ビジヂヂッヴヴォブリュウッ!ぷーっ
もはやウンチと呼びがたい、未消化物と胆汁の混合物をひたすら排泄する雪歩。

雪歩「んんん・・・早く終わってえぇ・・・あと2分しかないよお・・・」
ヂョッ!ビジョッ!ブリリッ!
スタッパサッ
カシャン
ゴジャーーッ
大体出し切ったと見るや、急ぐあまり尻を拭かずに立ち上がり、パンツを穿いて水を流す雪歩。
バタン!
パタパタパタ・・・

千早「萩原さんの新曲「Kosmos,Cosmos」と、私の新曲「目が逢う瞬間」をお送りしました」
雪歩「はぁはぁ・・・はい!では次のコーナーです・・・(ま、間に合ったぁ)」

(中略)

見かけ上、順調にラジオ放送は終了した。
しかし、雪歩のウンチは実況生中継されていたわけで、とんでもない量と内容のメールがラジオ局に殺到することになる。

『雪歩、マイクマイク!』
『糞女萩原!よくも千早ちゃんの歌にウンチノイズかぶせやがって!氏んで詫びろ!』
『雪歩のウンチ!ウンチ!ウンチ!ウンチ!』
『おいおい雪歩、ウンチしてケツ拭いてないだろ?きったねえな!』
千早「ちょっと萩原さん!どういうことなの!?」
雪歩「ふええん・・・ごめんなさい、ごめんなさい・・・」

この日、雪歩はついにランクダウンを喫することとなる。
雪歩のファン層が大きく変化し、ファンレターの内容にも表れるようになった。
『雪歩のウンチイイヨイイヨー!』
『ゆきぽはすぐお腹痛くなっちゃう子なんだね・・・僕がオムツの世話をしてあげるよハァハァ・・・』
などなど・・・

雪歩は、前人未到のウンチアイドルの世界に入りつつあった。

終わり 




93 :('A`) :2009/06/08(月) 11:45:51 O
春香さんのリボンをオオミズアオとすり替えておきたい
765プロのみんなにバレて春蛾さんとか変なあだ名つけられちゃう春香さん萌え


94 :('A`) :2009/06/08(月) 18:52:48 0
オオミズアオとか……最高じゃないか。


95 :('A`) :2009/06/08(月) 19:00:18 0
蟲姦の季節到来


96 :('A`) :2009/06/08(月) 19:15:41 O
手足を拘束した伊織を全裸にして軍隊アリの進路上に放置したい


97 :('A`) :2009/06/08(月) 19:17:56 0
手足を拘束した伊織を全裸にして果汁100%オレンジジュースを全身にぶっかけて雑木林に放置するのはどうか

105 :('A`) :2009/06/09(火) 03:25:03 O
>>97に感化されてやった反省はしてない


ある夏の夜のこと、私は伊織と東北の山中を訪れていた。仕事というわけではなく、ましてやデートのような洒落たものでもない。
一言でいえば拉致に近い。なぜなら私の自動車の後部座席には手足を縛られ、猿ぐつわを噛まされた伊織が横たわってこっちを睨みつけているのだから。

元はといえば伊織が悪い。彼女の日頃俺に対する扱いは酷過ぎる、私の怒りは有頂天だ。
なぜこうも私の愛は伊織に伝わらないのか・・・・・・

そこで、伊織に愛を伝えるべくこんなド田舎までやってきた。

適当な所で車を停め、伊織をお姫様抱っこして私は真っ暗な山中に入っていった。

かなり歩いただろうか、ここまでくれば人は来ないだろう。
伊織を地面に下ろしてやり、猿ぐつわを外した。

「アンタこんなことしてタダですむと思うわけ!?」

猿ぐつわを外すやいなや伊織は怒鳴りだした。

「まあまあ、そんなに怒るなよ。これから楽しいことするんだからさあ」

そして私は持ってきたナイフで伊織の服を切り裂き裸にした。

「アンタ私を犯す気!?そんなことしたらぶっ殺すわよ!」

「え、そんな犯すだなんて。俺伊織との初めて自分の部屋って決めてるし・・・・・・」

伊織は汚物でも見るような目で私を睨んだ。


106 :('A`) :2009/06/09(火) 03:25:56 O
「今日は特別レッスンのためここにきたんだよ。伊織はもっと人と仲良くすることを覚えないとな」

私は持ってきた100%オレンジジュースを伊織にぶっかけ、キャンプ用のライトを大量に置いた。

「ほおら、伊織の好きな100%オレンジジュースだぞ。今日はこれを森の仲間たちと分け合うレッスンだ」

「ハァ!?頭でもおかしくなったの?」

「ほらほら、さっそくお客さんだ。」

オレンジジュースの香りとライトの光に誘われて、蛾やカナブンがどんどん集まってきた。
そして愉快な森の仲間たちは素っ裸の伊織にとまる。

「いやああああああああ!」

伊織は悲鳴をあげた。まあ掌よりデカイ蛾が顔にとまれば誰だって叫ぶだろう。

「取ってよ!早く取ってえええええええええ!」

「駄目だ!トップアイドルになるには虫さんとも仲良くできなくちゃいかん!ほらこの子たちも追加だ!」

そう言って私は持ってきたバッグから小さな箱を取り出した。中身は苦労して集めた大量の毛虫やら芋虫だ。


107 :('A`) :2009/06/09(火) 03:27:23 O
「ち、ちょっと・・・冗談よね?そんなの無理絶対無理!」

「俺はいつだって本気だぜ!さあ行け!毛虫ちゃん!」

私は箱の中身を勢いよくぶちまけた。

「ひぎゃあああああああ!やだやだやだあああああ!うわああああああ!」

山中には泣き叫ぶ伊織の声がむなしく響いていた。
体中を毛虫が這いずりまわり、カナブンが闊歩し、蛾が飛び回る。
そんな様子を私は朝まで眺めていた。夜が明ける頃には蜂や、ヤスデ、カマドウマ等々が集まってきてかなりカオスなことになっていた。

「どうだ伊織、これからはみんなに優しくして仲良くするんだぞ?特に俺と」

「ひっく・・・ごめん・・・・・・なさい。だから、もうたずけでよぉ・・・」

伊織は息も絶え絶えにそう言った。

「助けてやりたいのはやまやまなんだけどさ、こう色々集まられちゃ手のつけようが無いというか・・・オオスズメバチとかまでいるしさ」

「え・・・・・・」

仕方ないので私は冬になって虫がいなくなるまで待つことにした。
                                            おわり




113 :雪歩のウンチ :2009/06/09(火) 20:14:50 0
諸君、私は雪歩のウンチが好きだ
諸君、私は雪歩のウンチが好きだ

諸君、私は雪歩のウンチが大好きだ

びちびちの液状便が好きだ
キーマカレー状の下痢便が好きだ
まろやかな普通便が好きだ
繊維質でガチガチの便秘便が好きだ
真っ黒な宿便が好きだ

路上で
デパートの屋上で
テーマパークの観覧車の中で
老人ホームで
ラジオ収録ブースの中で
学校で
事務所で
レッスン場で
オーディション会場で
ドームのステージで
楽屋で
かずちゃんの部屋で
トイレで

この地上で行われるありとあらゆる雪歩の排泄行動が大好きだ

雪歩にオムツを着けさせるのか好きだ
ウンチを満載した雪歩のオムツを開いたときなど心がおどる

雪歩に浣腸するのが好きだ
雪歩が便意に耐えきれず、浣腸液とウンチを吹き出してしまったときなど胸がすくような気持ちだった

人前でウンチを漏らしてしまう雪歩が好きだ
恥辱に耐えきれず、雪歩が泣き出したときなど感動すらおぼえる

雪歩がいきんで肛門が盛り上がってくる様を見たときなどもうたまらない
極太便秘便が雪歩の肛門を限界まで押し拡げ、直腸粘膜が裏返って飛び出す様は最高だ

雪歩が健気にも本番収録前に緊張に耐えているのを
下剤を盛ってステージ上でお漏らしさせた時など絶頂すら覚える

雪歩の肛門をビロビロに拡張してしまうのが好きだ
肛門がゆるゆるになってしまって、雪歩がウンチを無駄に垂れ流してしまうのはとてもとても悲しいものだ

雪歩のウンチを食べるのが好きだ
雪歩に顔に跨られ、口の中にモリモリとウンチを押し込まれるのは快楽と屈辱の極みだ


114 :雪歩のウンチ :2009/06/09(火) 20:15:40 0
諸君 私は雪歩のウンチを 地獄の様な雪歩のウンチを望んでいる
諸君 私に付き従う変態諸君 君たちは一体何を望んでいる?
更なる雪歩のウンチを望むか 
情け容赦のない糞のような雪歩のウンチを望むか?
鉄風雷火の限りを尽くし三千世界の鴉を殺す嵐の様な雪歩のウンチを望むか?

『雪歩のウンチ!! 雪歩のウンチ!! 雪歩のウンチ!!』

よろしい ならば雪歩のウンチだ

だが、この暗い喪板で3スレもの間に耐え続けて来た我々には
ただの雪歩のウンチではもはや足りない!!
雪歩の大ウンチを!! 一心不乱の雪歩の大ウンチを!!

我々はわずかに1スレッド 1000レスに満たない掲示板に過ぎない
だが諸君は一騎当千の変態紳士だと私は信じている
ならば我らは諸君と私で総兵力100万と1レスの変態スレッドとなる

我々を忘却の彼方へと追いやり眠りこけている雪歩を叩き起こそう
雪歩のパンツをつかんで引きずり降ろし尻たぶを開けさせ思い出させよう
雪歩に下剤とグリセリン浣腸の味を思い出させてやる
雪歩に露出排便の味を思い出させてやる

天と地のはざまには雪歩の哲学では思いもよらない恥辱と快楽があることを思い出させてやる
アイマス世界を雪歩のウンチで埋め尽くしてやる

目標 雪歩の尻!!

アイドルマスター いじめ・虐待専用スレッド 4スレ目 状況を開始せよ

征くぞ 諸君




132 :('A`) :2009/06/12(金) 21:04:03 O
人道に反する…
まず貴音に、「実は雪歩はイライラしやすくて、自分の思うようにいかないと手当たり次第殴ったり蹴ったりするんだ。…気にかけてやってくれ」って吹き込む→まさかあの優しい子がそんなこと→疑心暗鬼の貴音
→雪歩が一人のところに子供を差し向ける(もちろん俺の差し金)→雪歩の足にしがみつかせ股間を揉む子供→びっくりして思わず子供の腹を蹴ってしまった雪歩→そこにちょうど貴音が!
とかそんな感じ?


133 :('A`) :2009/06/12(金) 21:23:10 O
>>132
揉む所から別展開に分岐しないのかい


134 :('A`) :2009/06/12(金) 22:44:00 0
人道に反する・・・
まず雪歩にたっぷり浣腸してウンチをガマンさせる→もうぼちぼち限界が近いなーという頃合いで貴音を呼び寄せる
→貴音をイスに座らせ、雪歩をテーブルの上に四つん這いにさせて、雪歩の尻を貴音に向けさせる→不思議な顔をする貴音
→雪歩のパンツをおろしてスカートをまくりあげ、雪歩の下っ腹に渾身の力でパンチ一発→たまらずウンチを噴出す雪歩
→貴音の顔と衣装が雪歩のウンチまみれに→「実は雪歩は好きな人にウンチぶっかけたり食べさせたりするのが趣味なんだ」と言う
→「そうですか。これがあなた方の友愛の情の示し方なのですね。わかりました。」と言って雪歩にウンチぶっかけ返す貴音・・・

ああダメだ。ゆきたかレズスカ路線にしか行かないぜ・・・




143 :('A`) :2009/06/13(土) 23:17:26 0
>>136
飲まず食わず不眠不休で駿河問いを続けたら、1週間どころか3日も持たずに死んじゃうよ><

俺だったら、
 8時間吊るしたら10分だけ降ろして休ませる、を繰り返す。
 吊るしたままエサは与える。できるだけ栄養があって消化のよいものを食べさせる。
 グツグツ煮え立った激辛らあめんとかね。食事の世話は雪歩にやらせる。
 エコノミー症候群で突然死しないよう、マメに水分補給する。雪歩のおしっこでも飲ませてやる。
 飲み食いさせると、当然ウンチとおしっこが出るので、雪歩に下の世話をさせる。
 吊るしている間はヒマなので、吊るされている貴音の目の前で雪歩を犯したり殴ったりして遊ぶ。 
こんな感じで、1週間駿河問いを続けても死ねずに苦しませ続けるね。



145 :('A`) :2009/06/14(日) 23:54:55 0
貴音いじめは2パターン考えられるな

その1
『故郷の民のため』『四条の家のため』ということにして騙して、過酷な性的・身体的虐待を加える。
たとえば四肢切断して不眠不休でレイプするとか。
故郷の民のため、四条の家のためと信じて、過酷な虐待に耐え続ける貴音。
ほどよく弱ってきたところで、『今まで言ってきたことは嘘だ』とばらす。
ショックを受けた貴音は精神崩壊するか、バッタリ死んじゃうか・・・

その2
アイドルアルティメイトに負けた貴音に、
『貴様は故郷の民の(又は四条の家の)誇りを傷つけた!どこへなりと消えてしまえ!この裏切り者め!』
とか言って、精神的に追い込む。
首をくくるまで追い込むもよし、薬漬けにしてオモチャにするもよし。

信念の強い子は、その信念が崩れ去るように追い込むのがポイントやね



149 :('A`) :2009/06/17(水) 03:46:07 0
春香と美希でユニットを組ませて美希だけえこひいきしたい
美希の成功は大げさなほど褒め立て失敗はなるべく優しく叱る
春香には成功してもあまり褒めず失敗したら怒鳴りなじる
春香の誕生日には普通のケーキ屋で買ったケーキと安いTシャツ
美希の誕生日には行列に並ばないと買えないケーキと高価なネックレス
春香の目の前で美希にプレゼントとケーキを渡して
「このケーキ買うために一時間並んだんだぞ」とか言いたい
劣等感を感じて卑屈になる春香と大いなる優越感を得る美希
美希とはそのうち仕事仲間以上恋人未満まがいの関係になったりしたい

あくる日に二人を呼び出してこのユニットに限界を感じたので解散すると言い
それから解散した後にプロデュースするのは一人だと告げる
どうせ選ばれないと思っている春香と当然のように選ばれると思っている美希を目の前に
「本当にプロデュースしたいのは
……春香だ」
と言いたい
予想していなかった事態に口をパクパクさせる春香と真っ赤になって涙目になる美希
ポロポロ泣きながら「私でいいんですか? 私でいいんですか?」という春香を優しく抱きしめて
黙って頷きながら頭を叩く
傍らで
「なんでミキじゃないの!? 春香なんかよりミキのほうがずっといいでしょ!?」
とみっともなく泣き叫ぶ美希を冷たい目で見ながら
勘違いすんじゃねぇと吐き捨てたい

そして「私にすごく厳しかったから絶対無理だと思ってました」と言った春香に
「期待していない人には厳しくしないよ。あの毛虫みたいに」と笑って答えたい




150 :('A`) :2009/06/17(水) 04:28:41 0
>149
お前すごいな
次は愛ちゃん使って春香をどん底に突き落としてやってほしい



真のストーカー女を利用して雪歩・美希・真をまとめて精神的に追い詰めたい
まず、ストーカー女に裏で関係者しか知らない真の情報を流す
そして信頼を得たところで「最近、雪歩とか美希といつも一緒にいるよ。すごい仲いいよ」とか言う
後はストーカー女が嫉妬に狂って雪歩と美希をネチネチいじめるのを待つだけ
女ってのは大抵陰湿で性格が悪いからとことんやってくれるだろうね
2ちゃんなんかで延々と誹謗中傷したり罵詈雑言だらけの手紙を送り続けたり
本当に女って怖いよねー
雪歩なんかはものすごく怯えて毎日びくびく過ごすだろうし、美希は
最初は気にしないだろうけど、女特有の執拗さに参っちゃうだろうなあ
面と向かってハッキリと悪口言われるよりちくちくやられるほうが苦手そうだし

そんな二人を見て、真が「二人とも元気ないですね…。 心配ですね…」とか何も知らずに
心から同情したところで「お前のストーカーが嫉妬して嫌がらせしてるみたいだよ」と
何気なく教えてあげたい
そうすれば「自分のせいで迷惑かけてる」とか勝手に悩んでくれそうだね
バカみたいに正義感強いしさ
二人に「本当にごめんね」とか謝るんだ
二人はさ、「どうして私(ミキ)がこんな目に…」ってちょっと真を恨むんだけど、
心から謝られてそんなことを思っちゃった自分を責める、と
ということを繰り返すうちに、三人の手首に包帯とか巻かれちゃう日が来そう
三人とも悪くないのにね 
可哀想だね




206 :('A`) :2009/06/23(火) 18:58:52 P
アイドルを好きなだけ殴れるイベントを開きたい


207 :('A`) :2009/06/23(火) 19:03:36 0
それアイドルなのか、それもうSM嬢じゃないのか


208 :('A`) :2009/06/23(火) 19:19:04 0
公開リンチとも言うな。それ

俺は、穴を掘って首から下が埋まった雪歩の首を、竹鋸で挽いて公開処刑したいな
ほかのアイドル達に雪歩の竹鋸を挽かせるんだ
挽くのを嫌がったら雪歩と交代させることにして、順番にひと挽きずつ挽かせていくんだ。
苦痛と死の恐怖に泣き叫ぶ雪歩の首を、「ごめんね雪歩、ごめんね」とか言いながら挽いていくアイドル達。
春香あたりはニヤニヤしながらちょっとずつしか挽かないで、雪歩の苦しみを長引かせるようにしむけたりしてな・・・


209 :('A`) :2009/06/23(火) 19:50:10 O
そんなの世紀末ではよくあることだろ




212 :('A`) :2009/06/23(火) 21:48:32 0
千早と一緒にショッピングしたい
こっそり鞄に商品を入れて万引き犯にしたてあげたい


213 :('A`) :2009/06/23(火) 21:50:50 P
>>212
リアルすぎる


214 :('A`) :2009/06/23(火) 22:24:50 0
ピピピピピp-

千早・俺「!?」
店員「ちょっと鞄の中見せてもらっていいですか?」
千早「え?はい」
ガサゴソ・・・
店員「!・・・これまだ会計済んでませんよね?ちょっと事務所の方来てもらっていいですか」
千早「そんな!私こんなことしてません!!プロデューサー、私身に覚えありません!」
俺「千早、話は後で聞くからとりあえず行こう」
千早「そんな・・・私万引きなんて・・・」




228 :('A`) :2009/06/26(金) 20:02:20 0
美希のウンチ食べたい。
美希って一番素直にウンチ食べさせてくれそう。

ある日の風景4.5
俺「美希、ウンチ食べさせてくれないか」
ゆとり美希「別にいいけど、ウンチ好きなの?変わってるね。
       じゃあトイレでウンチだしてくるからまっててね。」
俺「いや、美希のおしりから直接食べさせて欲しいんだよ」
ゆとり美希「えー!やだー!(逃亡)」
俺「あっおい!」

洗面器に一杯ウンチを出して持ってくる美希
ゆとり美希「持ってきたよ・・・ウンチ」
俺「・・・」
俺「ダメだ!このウンチはもう冷めている!
  ウンチは出したてホカホカのうちしか価値がないんだよ!」
美希から洗面器を奪い、窓の外にウンチを投げ捨てる俺。下の道から悲鳴が聞こえるが無視。

ある日の風景8.3
俺「美希、ウンチ食べさせてくれないか」
覚醒美希「いいよ・・・ハニー。直接お尻から食べたいんだっけ?」
俺「うん」
覚醒美希「ん・・・」
床に仰向けになった俺の顔にまたがり、俺の口の中にモリモリとウンチを出してくれる美希。
あたたかい・・・
ウンチから美希の体温を感じながら、俺は幸せだった。


っていうコミュでも追加しないかなー
実は箱持ってないから961プロ美希しか知らないけど。



259 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/06/30(火) 01:01:21 0
春香と雪歩と伊織のうんこなら喰える気がする
むしろ浣腸した後この三人のアナルと口をパイプで直結させて一日中眺めたい

273 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/06/30(火) 23:07:26 0
>>259
>むしろ浣腸した後この三人のアナルと口をパイプで直結させて一日中眺めたい

それはたとえば伊織のアナルと口をパイプでつなぐってこと?
ウンチの容積なんてそんなに大きくないから、ウンチが口まで届かないぞ。

伊織の口を春香のアナルに直付けで接着して
春香の口を雪歩のアナルに直付けで接着して
雪歩の口を伊織のアナルに直付けで接着する
ならイイと思うよ。
永久機関になるwww



282 名前: ('A`) 投稿日: 2009/07/01(水) 17:46:28 O
舞さんと小鳥さんはほぼ同年代なのにね…
方や元Sランアイドルで家庭持ちの美人妻。
方や元Fランアイドルで売れ残りの事務員。

笑いが止まんねーやwww

283 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/01(水) 17:50:25 0
ライバルですらないな

284 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/01(水) 18:13:19 P
日高舞死ねばいいのに

285 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/01(水) 18:21:12 0
>>284
こ、小鳥さん・・・



290 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/02(木) 08:31:04 O
伊織を不眠不休で立ちっぱなしにしておきたい。
もちろん食事も一切無し。
何をするでなくひたすら立ちっぱなし。

うっかり寝たり倒れたりしたら目の前でやよいの指を一本ずつ切り落していく。
そんな感じで3日くらい続けたい。

294 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/02(木) 20:06:18 0
>>290
まる一週間倒れず立っていた伊織が、ついに倒れた。
その時には伊織は餓死していたのだった。

やよいは指のない手足で伊織の死体にすがりついて、いつまでも泣いていたのでした。

ていうアイドラが見たいね

295 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/02(木) 21:09:21 0
そしておもむろにその屍肉を貪り始めた。

が抜けてるお!



296 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/03(金) 01:00:36 0
ショッピングモールの二階エントランス。

「私のお腹の中にはPの赤ちゃんがいるんですよ」
言うより早く、その膨らんだお腹を蹴っ飛ばして張り倒すP。破水して大量に流れ出す血液と『何か』。
泣き叫び、混乱してこれらをかき集めようとする春を見下ろして唾を吐きつける。
私はその様子を後ろで見てほくそ笑む。笑いを堪える事が出来ない。春が下の口から吐き出した『何か』をまた中に戻そうとしているのを見て、・・・もう駄目だ。つい爆笑してしまう。
うんざりした様な顔をしてPが戻ってくる。「駄目だアレ。」そう呟く彼の顔、言葉はたまらない。
さようなら、春。身の丈をわきまえて。

煙草の煙が後を引く。
雪の肩を抱き、去ってゆくP。ワンピースの雪。そのお腹が不自然に膨らんでいることに気付く。
嘘だ嘘だ。そんな筈はない。
粘つく、どす黒い血が糸を引く。雪が僅かにこちらを顧みた。流し目で、ほくそ笑んで。同情や哀れみではない、完全に見下した目付き。
勝者のつもりか。
全身が痛くて痛くて、苦しくて吐きそうなのに、それでも身体が動く不思議。そのまま駆け出し、気付いた時には後ろから雪を突き落としていた。

不様に階段を転げ落ちる雪。血を流して動かない。慌てふためくP。奇声を上げて高笑いする春。そしてその様子を上の階の吹き抜けから見下ろすワタシ。
なんてことは無い。腹黒く、薄汚い女が二人消えただけ。
自然と口の端が持ち上がる。
P、全部計算通りです。
彼がこちらを見上げ、目で合図してくる。私も小さく手を振る。今日はささやかなお祝いをしよう。
・・・何かおかしい。違う。何か変だ。様子がおかしい。咬み合わない。彼が見ているのは、私のもっと後ろ・・・?
!!
あの女!なんであいつがここにいる!?飛び跳ね、豪快に手を振っている!彼が合図を送っているのはあの女だ!
謀られた!?よりによってあんなやつに!垢ぬけて、馬鹿丸出しの態度!人に頼りきった

297 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/03(金) 01:03:33 0
あの性格!自分が可愛い事をよく理解したうえでの日々の立ち回り!!
全身からにじみ出るあの性悪臭が大嫌いな、よりにもよってあんなやつに!!!!!
あの女が持っているスイッチは何!?
Pと目が合う。その口がゆっくりと何かを訴える。
『わ・る・い・ね』
そんな・・・・!

『ガシャン!!』
アイツが寄り掛かっていた場所の柵が、都合よく外れる。重力に倣って落ちてゆく身体。その瞬間のアイツの顔。
あはは、バーカ。死ね。
アンタのその傲慢で孤高気取った態度が大嫌いだったんだ。ざまあみろ。誰もアンタの事なんか見てないんだよ。期待なんて以ての外。生きてるうちに言いたかったけどさ、アンタ、歌下手だよ。
でもま、最後の最後までおりこうさんでした。
しれっとした顔のダーリンがエスカレーターで上がってくる。
だーりんだーりんDarling!
その腕に飛びついて頬を擦りつける。この匂いがたまらない。チンという音と共に戸が開く。そのまま二人でエレベーターに乗り込む。
鬱陶しい邪魔者は全部綺麗に片付いた。今日は御馳走だ。美味しいモノ、食べさせてねダーリン☆

モールの外には救急車や警察、マスコミが大挙して押し寄せ、野次馬も合わさってギャーギャーとやかましい。
『エレベーターが事故で落下。乗客の安否は絶望的。』
人々が口々に噂するのは、まあ要約するとこんな内容だ。
ふう。
一仕事終え、髪をかき上げる。
そのまま人込みをかき分け、喧騒を他所に外に出る。脇道に止めてある黒塗りの車に近づくと、後部座席の戸が開く。
「御苦労さま」
中で男が労いの言葉を語る。
「全て、うまくいきましたわ。」
車が発進する。揺れの少ない、静かなエンジン音。車の座席には到底似つかわしくないフワフワのソファにも、もう慣れたものだ。
「これで我が社に蔓延るダニは全て片付いた。全て君のおかげだよ」

299 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/03(金) 01:05:11 0
「当然ですわ。」
足を組み、頬杖をついて応える。
「以降の事業も全て、君に任せよう。我が社の益々の発展を期待しているよ。」
脂ぎった、不快な声。いちいち癇に障る。
「まだ仕事が残っていますわ。」
最大の、無能なダニの駆除が。
『プシッ!』
・・・人って頭を打ち抜かれても、あまり血が出ないのね。つまらないわ。
転がるダルマを、足で蹴飛ばす。
まだまだ、私はこれからよ。

「ここで代わりの車に乗り換えるわ」
そう言って、不細工な人形を抱いた小生意気なチビは運転席の窓を叩いた。私は制帽を目深にかぶり、無言で車のカギを渡した。このチビ、頬に僅かに血が跳ねているのに気付かないのだろうか?まあいいでしょう。些細な問題だ。
チビはカギを受け取ると、近くに止めてあった別の車に近づく。慣れた手つきで乗り込み、エンジンをかける。
『ドンッ!』
エンジン音と爆音は同時だった。ハデに破片を撒き散らして車は炎に包まれた。フロントガラスに破片がビシビシとぶつかる。・・・火薬の量が多すぎたわ。
私は車を降り、後部座席に置いてあったサイレンサー付きの銃を拾って炎の中に投げ込む。横に転がるダルマの様な死体は放っておいてもいいだろう。
その足で、近くのデパートのトイレで着替えを済ませる。タクシーを拾い、会社へ向かう。
社内はとても静かだ。社長室の戸を潜り、専用の冷蔵庫から缶ビールを一本取り出す。大きく背伸びをして、無駄に立派なその椅子に深々と腰を下ろす。
『プシュ!』
「案外簡単だったわね。」
社長椅子はフカフカと心地良い。私は泡の溢れる缶を静かに傾けた。

社長室を映すモニターには、御大層な机に突っ伏して口から泡と血の混じった液を垂れ流す女が移っている。絨毯が敷き詰められた床には、零れた缶ビール。
おばさんには荷が重いっての。
春「で、最後に笑うのは私ってわけ。」



344 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/05(日) 05:13:11 O
『やよいを業務用の冷凍庫に牛肉と一緒に放置してみました。』
『見事に凍っておりますな』
『周囲の牛塊を集めて暖をとった形跡が見られますよ』
『わろす』
『いや、それどころか一部食べた跡がありますね』
『わろす』
『よほどお腹がすいていたのでしょう』
『いや、カロリーを摂取することで体温を維持しようとしたのかもしれません』
『骨までいけるようですね』
『現代人はカルシウム不足が深刻ですから』
『では、予定通りオークションに出品してみましょう』
『牛塊もつけましょう』
●1000円からスタート


345 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/05(日) 05:28:50 0
質問1 投稿者:*****P / 評価:76573
7月 5日 5時 25分

うちのレンジは小さいのでできれば解凍した状態で送ってもらいたいのですが、対応可能でしょうか?
それと牛塊は不要なのでやよいだけ譲っていただけるとありがたいです^^;


355 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/07(火) 00:51:09 O
うちのあずさが低ランクのときは腹パンチ一発500円とか決めて遊んだもんだ

かたや芸能界屈指の敏腕プロデューサー、こなた芸人以下のクズアイドルよ?
膝が震えてるくせに、ヘラヘラ媚び笑いしながら殴ってくださいなんて言うのよ
ぜんぜん減らない500円玉をちゃりちゃり投げつけちゃあサンドバッグにさせてもらったよ
胃液吐いて這いつくばりながら、ありがとうございますありがとうございます…ってwww

あー言い忘れてた、そのあずさと来月結婚します^^


357 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/07(火) 19:00:35 0
>>355
それはやよい相手でも楽しいかもな
低ランクやよいだったら、血ヘド吐くまでこらえてくれそうだ。

―――――――――

俺「7発殴ったけど、もう一発いっとく?」
やよい「(あ、あと3発で、カスミの給食代が、払える・・・!)お、おねがいします!」

やよいを壁に押し付けて、力いっぱい下っ腹を殴る

やよい「ぐぶうっ!」
俺「やよい、『かわいく』だ!」

慌ててひきつった笑顔をつくるやよい。
笑顔をかたち作った口の端から、血の混じった胃液が漏れて床に垂れる。

やよい「(あと、あと2発・・・!)」

 ・
 ・
 ・

翌日、学校でやよいが血便を漏らしながら血ゲロを吐いて倒れたと連絡が入った。
営業をドタキャンした損害賠償名目で巨額の請求書でも送りつけてやろうかなw
営業の予定なんてないけど・・・



390 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/10(金) 22:46:16 0
P「見ろ春香!これが俺と春香の子(になる予定だった)物だぞwwwwぐっちゃぐちゃでキモいなwwwwwwww」
春「ああ・・・私のあかちゃん・・・プロデューサーさんとのあかちゃんが・・・」
P「25週にもなると人の形だなwwwwwwおえーwwwwwww」
春「返してください!私のあかちゃん返して!」
P「やーだよwwwwwwwおれがいただいちゃうもんねwwwwww」
春「いああああああああああああッ!」
P「うめえwwwwwうめえwwwwwwwwwwやっぱマズーwwwwwおうぇええええええええwwwwwwwwww」
春「あぁ・・・・・・」

マジキチ

391 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/11(土) 00:53:01 P
P「春香、この中に俺と春香の子が居るんだな・・・」
春「そうですよプロデューサーさん♪私、がんばってこの子産みますから!そしたら私、お母さんになるんですね。。。」
P「」

392 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/11(土) 13:44:04 O
P「俺はお父さんにならないけどね」


411 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/12(日) 22:12:55 0
なんだかんだで思春期の女の子の身近に
同年代の女装男なんかがいる状況は色々キツいだろ、客観的にも女子側からも

デビューして数ヶ月仲良く一緒に頑張り続け、公私共に仲良くなった三人
(あくまで女性同士としての)軽いスキンシップすら行われるようになったある日、ふとしたことで男だと二人に身バレしてしまう
それでも涼は今まで通り接してくれることを期待したのに、次の日から二人の態度は急変
朝の挨拶すら返されなくなり、飯時には大きくスペースを取られ、同じ部屋の中には絶対一緒に居ようとしない
仕事中涼と絡ませられる時には、一見普通にしてても露骨に眉間に皺が寄るようになる
いい加減耐えられなくなって豆タンク辺りに詰め寄ったら、本気で怯えた表情で「近寄らないでください!」と絶叫
もはや完全に希望の途絶えた事を察した涼は失意のまま家に帰り、ベッドの中で丸まって一人静かにすすり泣く

そんな涼ちゃんを想像するだけでとりあえず勃起します


420 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/13(月) 20:16:14 0
>>417
>涼くんに貴音や雪歩ですら着ないようなフリフリ甘々おピンクロリータドレスを着せて
>ちんちんだけ丸出しにさせて原宿のV系街を闊歩させたい

もちろんチン毛は剃っておいて、浣腸しておく
漏れそうになったら、涼君自身の手でスカートを持ち上げさせて、
衆人環視の中、つるつるちんちんガチガチのままうんちぶりぶり・・・!

やばい!かわいいじゃないか涼君!こんな感じにいじめたいよ!
マジ抜ける!やばい俺やばい


421 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/13(月) 20:33:31 0
涼が女子便所を使っていた罰として、
876事務所の女子便所役を申しつけたい。

毎日毎日、愛や絵理やまなみさんにかわるがわる尻を押しつけられては、お腹一杯ウンチを食べさせられるんだ。
もちろんおしっこもこぼさず飲み干さないといけないし、経血をなめとらされたりもする。
食べたウンチやおしっこを吐きだしたら、もちろん全て飲み込みなおさないといけない。

ウンチを食べたりおしっこを飲んだりしたら、当然涼もおしっこやウンチをする。
愛や絵理やまなみさんの見ている前でしか、涼はウンチやおしっこを許されない。
徐々に便器ライフが板についていく涼・・・


あああああ!
夢が膨らむなあ!



511 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/22(水) 23:28:24 0
亜美「あー、すっかり遅くなっちゃったな~。真美も待ってるだろうし、早く帰ろっと」
P「亜美、もう暗いし送っていこうか?」
亜美「やだなー兄ちゃん、もう子供じゃないんだしー」
P「そうか、じゃあ気をつけてな」
亜美「ふっふっふーん♪気にしてくれてるんだ?」
P「当たり前だろうが!」
亜美「だーいじょうぶだよ!子供じゃないんだしぃ♪」
P「そうか、とにかく寄り道しないでまっすぐ帰れよ!」

翌日、亜美は自宅近くの公園の公衆便所にて、死体で発見された


名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/23(木) 16:16:20 0
春香ならなんとも思わないだろう・・・そう思い俺は春香の肩を目がけて斧を振り下ろした。
「ギャァァァァァッ・・・・・・」
悲鳴とも叫びともつかぬ声を上げて倒れこむ春香。
辺りには血の絨毯ができ、未だ鮮血の溢れ出す春香の体は僅かながら痙攣していた。
春香、まだ起きないのか?「痛いですよぉプロデューサーさん!」と肩をさすりながら俺を睨み付けてくれよ・・・・
春香は動かなかった。


535 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/23(木) 17:03:01 0
>>533の続き
何時間経っただろうか。
春香は薄目を開き、目の前の光景を見て自分に何が起こったのか思い出した。
「っ・・・・」
体を起こそうとすると激痛が走った。
「ぷ・・・ぷろでゅうさぁ・・・さん・・・どこ・・・・たす・・けて・・・」


598 名前: 594 [sage] 投稿日: 2009/07/26(日) 22:28:25 0
俺、593が絵理って書いてるのに、愛ちゃんと間違えてたわ・・・

~朝6:50~

俺「おはようございまーす」
愛母「ヒュー・・・ヒュー・・・ヒュー・・・」
俺「ありゃ?」

愛ちゃんのお母さん(ダルマ)はなんだか虫の息
先にダルマにしたのは愛ちゃんだったのに、お母さんが先に危篤状態だ・・・
これって若さの差?

愛「お母さん・・・お母さん・・・」
目と耳を潰した愛ちゃん(やっぱりダルマ)は一晩中ずっとお母さんのことを呼んでいたみたいw
俺「愛ちゃん愛ちゃん、お母さんは死にかけてるよ、愛ちゃんwww」
って言っても聞こえないか
でも俺みたいな医学書読み齧っただけの素人でも一晩くらいは生かしておけるんだなぁ
なんか達成感あるわ

愛「お"があ"ざーーーーーーーん"!!」

お、こっちも限界っぽいぞ!

俺「お母さん、ねぇお母さん、娘さんがお呼びですよ」
愛母「ヒュー・ヒッ・ヒッ・・・ヒユッ・・・・・・」

・・・死んだ

しょうがないから親ダルマは娘ダルマの近くに置いておく

アゴでひこひこと死体をまさぐる愛ちゃんを眺めながらトーストを齧り、コーヒーを飲む
日高家の血まみれキッチンで食べる朝食はウマイ!

スズメが鳴いてる
カブの音が聞こえる
小学生が近所のオバサンに挨拶してる

世間は平和だなぁ

愛「ア"ーーーーーーーーア"ーーーーーーーーーーーーア""ーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!」

俺「メシウマ!!」

そんな可愛い可愛いダルマ愛ちゃんをレイプしてたら昼になってた
で、ごきげんようが始まる頃には愛ちゃんもお母さんのところに行きました
明日がデビュー初日だったのに、かわいそうな愛ちゃん!
生まれ変わったら幸せになってね!


625 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/29(水) 16:37:52 O
事務所の入り口にM18クレイモア設置しておきたい
626 名前: ('A`) [sage] 投稿日: 2009/07/29(水) 17:53:23 0
そして気づかず笑顔で通勤してくるやよい
627 名前: ('A`) 投稿日: 2009/07/29(水) 18:05:34 0
ドガァアアアアン
社長「な、なにごとだ?」
P「ちょっと様子を見てきます」
春香「私も行きます!!」
ウーウーウー・・・ピポーピポー・・・
P「どうしたんですか?」
通行人「ビルの入口が突然爆発して・・・」
春香「キャーーーーーッ!やよいが・・・」
P「なんだってー!?」
手足の千切れたやよいに駆け寄る春香
春香「やよい!しっかりしてっ!!今Pさんが救急車呼んだからね!絶対助かるからねっ!!ううっ・・・」
や「春・・・・香さん、ファンのみんなに、今まで・・ありがとう・・って・・」
P「え?」




  • 最終更新:2012-03-03 22:56:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード